「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ
shake's COUNTRY LIFE
coutrylife.exblog.jp
<   2006年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧
NHKのBSでやったDOORSの番組を観て。
 大体こういう番組は一般の人向けに作られているので、コアなファンから見ると、代表的なシーンだけが流れて物足りないことが多い。それでもDOORSがテレビで長い時間観れるのはうれしくて、8月の事故以来なんとなくDOORSを聴かないようにしていたけど、観てしまった。

 実際この番組はすごく良かった。
 一番始めにブートレッグでしか見たことのない、デビュー直後のカナダのTVショーでやった”THE END”で始まった。スタジオライヴのわりにわりと観客がいて、ステージもあり、ライヴに近い。観客の服装や踊りで67年5月にはカナダにもヒッピー文化は浸透していた様子が分かる。

 編集はブートレッグの時のと微妙に変わっているけど、当時まだ無名だったDOORSの10分に及ぶ、まるっきり新しい音による演劇が驚きを与えているのがよくわかる。この時のジムモリソンはシャープでずば抜けて格好いいし、パフォーマンスものちのハリウッドボウルと比べても素晴らしい。
 若々しく、危険なDOORS。

 その他には長年、英語だけで見ていたマイアミ事件後のテレビインタビューに字幕が着いていたり、ブートレッグでも見たことのない"PEOPLE ARE STRANGE"のフィルムなどかなり発見が多くて面白かった。
 ソフトパレードの時のライヴも、ビデオでは独立して演奏していた曲が、数秒の曲間で続けざまに演奏していたのがわかり驚いた。

 真夜中に37インチのワイド画面に映る、ひげもじゃで”ソフトパレード”歌う実物より大きいモリソン。35年も前に死んでいるとは思えない強烈なリアリティー。
 まるで殺人者のような男に見つめられて不気味だった。

Shake
BIG LOVE
[PR]
by shake_countrylife | 2006-10-08 14:52 | 2006.7〜2010.2
『森の中のストレンジセッション』
 先月中旬、家に真っ赤なドラムセットがやってきた。3/4のサイズではあるが2タム1フロアの立派なフルセットだ。ハットとシンバルも着いている。青くんは最近ギターよりもドラムが好きらしく、俺の民族楽器のタイコを2つ並べ、回りに椅子やストーブをシンバル代わりにおいて、毎日叩いていたので、誕生日前に幅を利かせていた滑り台を撤去して、買ってあげたのだった。

 全部バラバラで配達されて来たので、何とか自分で組んでみたけど割と難しかった。何10年もすぐそばで見ていたはずなのに、バスドラムなどは皮とリムがどういうふうに組まれているのか全くわからず、説明書を解明しながら初めてわかった。
チューニングもわからないので、克己が来たついでに、いい音にしてもらった。 

 それ以来我が家では毎日セッションが繰り広げられている。それも彼はMt.デリシャスのアルバムが大好きなので、一緒に毎晩アルバムの曲を順番通りに演奏したがるのだ。まだバスドラムに足は届かないし、めちゃくちゃではあるけど、好きなだけあってよく観察していて感じは似ていて、ビートを叩くと結構ちゃんと演奏になる。
f0209618_2110392.jpg
 初めのうちはとても感動があり、うれしかったけど、子供はしつこいので半月たっても同じでちょっとまいってきた。彼はどんどんハイテンションで良い感じになってくるけど、こっちは1日中自分の音楽と格闘して疲れて、リビングに帰ってくるとスティックを持って待ちかまえているのだ。

 今日は奥さんの実家から、今度は彼女が使っていたピアノが送られて来た。青くんは久しぶりにドラムを忘れてピアノにのめり込んでいたけど、しばらくするとやっぱりドラムに戻り、今度はピアノでセッションしようと言い始める。 

 始めは俺がインチキジャズのようにやっていたけど、『ねこふんじゃった』を弾き始めると、異常な関心を示して、今度は『ねこふんじゃった』でセッションをしようと何度もやらされた。これはこれで厳しいと思ったけど、すぐにユニゾンのビートを叩き初めてちょっと驚いた。何かリズムに感じたのかも知れない。

 青くんはまだ3才になったばかりなので、狂ったように叩いているかと思えば、フロアタムの上でおもちゃの車を走らせていたり自然に色々まざっていて面白い。
 それにしても家のリビングは、ピアノとドラムセット、マーシャル、ワッシーのコンガ、各種パーカッション、アコーディオン、ギターやウクレレにまじってブランコ、レゴ、車のおもちゃなどが入り交じって、とんでもなく楽しくなっている。 

 人生は何が起こるかわからない。想像もつかない方向にかってに進んでいる。
shake
BIG LOVE
[PR]
by shake_countrylife | 2006-10-01 14:48 | 2006.7〜2010.2