ブログトップ
shake's COUNTRY LIFE
coutrylife.exblog.jp
<   2005年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧
2005.12.20.
長野のライヴハウスJで行われた、Sさんの追悼ライヴに参加した。

今年10月に自殺したSさんはJの専務をやっていてライヴや作曲合宿のことでも色々世話をしてくれたし、もう一面ミュージシャンでありつつ、やくざの親分でもあるというめずらしい人だった。
98年頃長野の山の中での作曲合宿を世話してもらって以来のつきあいで、『一人だけの世界』のアルバムの中の曲のうち半分ぐらいはその時の合宿で出来た。

その時は、まだ雪が積もる4月のスキー場のロッジに、3日に一度ぐらい顔を出してくれて、一緒にお茶を飲んで作曲のことやその他いろんな話をした。

どういうときに音楽が出来るかと聞かれたので、おれは感動した時だと言い、Sさんは落ち込んだときだと言っていたのが印象に残っている。
同じ人と2回目の結婚をして今は子供のために生きているようだと言っていた。

ライヴはSさん自身がヴォーカルをやっていたバンドがSさんの作った曲を演奏し、あとはSさんにお世話になっていた俺と、とーべんさんが参加して行われた。
ステージにはずっとSさんの写真が飾ってあり、途中、2度結婚した奥さんも出てきてSさんの曲を歌ったり、俺も久しぶりにとーべんさんとも一緒に歌ったり飲んだり出来て、とても良い日だった。

音楽をやっていたおかげで、死んでからも知り合いがみんな集まり、Sさんの歌を楽しんで、歌に残された思いを感じることが出来て、音楽は素晴らしいと思った。

次の日の帰り道は、晴れて空も真っ青で、雪のかぶった長野の山をながめながらのドライヴはとても良い気持ちだった。
でも最後に、たったひとつだけでそびえている巨大な富士山に向かえられて、やっぱりこの山は特別だと思った。

Shake
BIG LOVE
[PR]
by shake_countrylife | 2005-12-20 15:25 | 2005.10~12
ソロソロソニック
ソロのパフォーマーが集まってやるイヴェントにでた。
モンゴル民謡や琴、アバンギャルドなピアノの弾き語り、ヴォイスパフォーマンスなど、どの人も個性的でとても楽しいイヴェントだった。

レッドをやっていたせいで、ロックのイヴェントに呼ばれることが多いけど、ロックだといっている人達はみんな昔の形だけにこだわっていて、創造性とは無縁なので話も合わないし、見ても面白くない事が多い。

70年前後のロックはとても創造的だったけど、それをそのままやるのとその境地で自由に音楽をやるのは全然違う。
この日の出演者はほとんど自分の存在を音に乗せて無限の空間に向かって放出しているような人達ばかりで、とても引き込まれたし、刺激になった。

ここ何年かコズミックメイトミーティングなどで、サンプラーと格闘しながらジクジク孤独にやってきたソロパフォーマンスを、同じような気持ちでやっている人に一気にたくさんで会えて嬉しかった。
中にはまったく違う楽器なのに、俺ととても似た壊れ方をしてる人もいて、腹違いの兄弟にあったようなうれしさがあった。妙な仲間意識みたいな物があった。

ロックバンドでずっとギターを弾いてきた人間としては、自分一人でも音楽が成立出来るというのはとても素晴らしいこと。不自由さもあるけど、いつでも自分さえいれば音楽が出来るし、そうすることによって毎日のように新しい発見と興奮に出会える。今まで知らなかった自分がどんどん現れてきて自分の宇宙が広がっていく。特に目的はないけど、ギターを弾くことや作曲、バンドや日常生活にもすべてプラスになるのでずっとやっていきたいと思う。

Shake
BIG LOVE
[PR]
by shake_countrylife | 2005-12-05 15:24 | 2005.10~12