ブログトップ
shake's COUNTRY LIFE
coutrylife.exblog.jp
<   2005年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧
カントリーライフ
ワールドピース アンド プレーヤーデイ2005に参加した。
去年のような世界中からネイティヴの人達が集まってくるイヴェントは今年はアメリカでやっているので、今回は去年のボランティアスタッフなどが集まって、富士山の南側でやった。去年は西側で、あと2回、東と北でやるらしい。

俺は朝の祈りには参加できなかったので、夕方から行って夜のキャンドルナイトに参加した。

まず去年のWPPDのヴィデオの上映会があり2時間ぐらいかかったけど、改めて素晴らしいイヴェントだったと思った。世界中からネイティヴの長老達がやってきてその英知を語り、地球との共生、人間に対する思いやりを訴えていた。
意識していなかったけど、今の自分にもずいぶん影響していることがわかった。

嵐の中で1万人近くの人達が何時間も祈り、その全員にフリーフードが振る舞われた。年季の入ったヒッピーの人も、フリーフードが配られたというのはウッドストック以来じゃないかと言っていた。

その後は朝までライヴの時間になり、俺は一人でアコギを弾いたり、尺八やインディアンフルートとセッションしたりした。初めて尺八をすぐそばで聴いたけど、とても力のある音で外人が素晴らしいと思う理由がわかった気がした。
尺八もインディアンフルートも共に5音で1オクターヴのペンタトニックスケールで、森とか砂漠とか自然の中で鳴っている音というのはペンタトニックなのかなと思った。ロックも基本的にはペンタトニックだし。
でもハワイやバリなど暖かい所の音楽は確実にメジャーだから、風土や温度が影響しているのかも知れない。

途中でキャンドルじゅんという人が手作りの、もの凄く大きなキャンドルをいくつも持ってきて、それでみんなの真ん中にサークルを作ってとても綺麗だった。

彼はいろんなイヴェントに呼ばれてキャンドルで空間を演出したり、ニューヨークのグランドゼロや戦争後のアフガニスタンに行って癒しのためのキャンドルイヴェントを自費でやっているという素晴らしい人だった。
とても気持ちの良い夜が終わって、明るくなってから家に帰った。


Shake
BIG LOVE
[PR]
by shake_countrylife | 2005-06-23 15:42 | 2005.4~6