ブログトップ
shake's COUNTRY LIFE
coutrylife.exblog.jp
<   2003年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
2003.6.27.
今月から始まったDOORSでのマンスリーライヴの一回目が終わった。
94年にカジノドライヴでツアーを回った頃からずっと映像とのコラボレーションの
ライヴがやりたくて、今までライヴの一部やイヴェントではやっていたけど、今回ついにフルライヴで映像と一緒に出来たのがうれしかった。

よくレコーディングで、面白い映像のビデオとか流しながらトラックダウンをしているととてもイメージが広がるし、自然の中をドライヴしたりヒコーキに乗っている時、その景色と音楽のジャムセッションが始まって、いつも聴いている音楽がまったく新しいの感動的な物になったりする。
7月8月ときっともっと良くなっていくと思うので楽しみにしていてください。

T-REXのカヴァーは昔からずっとやってみたかった曲で、まさか自分でも今頃やるとは思わなかったけど、けっこう気に入ったアレンジのなったので楽しくできた。
T-REXやBOWIEは今でもたまに聴いていて、よく聴きまくっていた頃より今の方が素晴らしさが解る気がする。

一緒にやってくれたマディフランケンシュタインも、感情をバクハツさせるような演奏とユーモアのあるメッセージが絡んでとても楽しかった。
彼らは表現は違うけど大きな意味でのベクトルは一緒だと思う。終わってからボーカルのぐにゃり君と話したけどかなり近い物を感じた。

来月は俺の出身地、埼玉の若手バンドTHE SUPER BAD DUDEが一緒にやってくれる事になっています。
選曲もだいぶ入れ替えようと思っています。
じゃあ来月また来てね。

Shake
BIG LOVE
[PR]
by shake_countrylife | 2003-06-27 15:44 | 2003.4~6
2003.6.18
昨日出会った、アルファーはが出るQUONというアンプとスピーカーのシステムを開発している人に、視聴に招待されたのでどんな感じなのか聴きにいってきた。
スピーカーはちょっとスピーカーとは思えない青い六角形で、アンプの中にはアルファー波を作る専用の基盤が入っているらしい。アルファー波は水を中性にするので10日たっても腐らなかったりみかんが甘くなったりするそうだ。
人間の体は70パーセント水分なので、きれいな水を飲んでこのシステムで音楽を聴いていると物理的に体がいい状態になるといっていた。

実際に聴いた感じはうまく言い表せないけど、ちょっといけないことをしているような、ふわふわしてくる感じでとても気持ちよかった。
心にもすごく良いと思う。そのうちちゃんと完成したらライヴの時にも使わせてもらえるかも知れない。そうしたらみんなかなりいい感じで気持ちよくなれると思うよ。

8月10日のスピリチュアルサーカスIN FUJIについてはもう少ししたら詳しいこと発表します。
とりあえず今は来週のDOORSの"EMPTY SPACE VOL1"にむけてリハも始まったところ。今回はちょっと珍しいカヴァーをやるので楽しみにしててください。

オープニングにゲストとしてマディフランケンシュタインというバンドが出る。とてもエネルギッシュでエモーショナルなバンドなので楽しみにしててください。
あと今回、夏に向けてカラフルなTシャツをいろいろ作ったよ。みんな気に入ってくれると良いな。
じゃあ来週DOORSで!

Shake
BIG LOVE
[PR]
by shake_countrylife | 2003-06-18 15:43 | 2003.4~6
サウンドヒーリングに行ってきた。
ドイツ人なんだけどカイラッシュ・ココペリというネイティヴアメリカンの名前で世界中を渡り歩いてる人らしい。

楽器はディジュリドゥーが3本にクリスタルで出来ているという鉢のような物、インディアンフルート、ネイティヴアメリカンのタイコなど他にもいくつかあったけど、どれももの凄くいい音だった。
特にクリスタルの鉢は俺も今までみたことがなかった。
軽くたたいて縁の回りをこするとヒーンというきれいな倍音が部屋中あちこち飛び回っている感じだった。
全部で1時間ぐらいリラックスした体勢で目を閉じて聴くんだけど、あっという間に瞑想状態になってとても気持ちが良かった。

途中で真砂さんという日本で有名なインディアンフルートの人も出てきてちょっとしたセッションもやった。サイコデリシャスのアルバム”一人だけの世界”と同じレーベルのヒーリングアルバムにも参加しているので終わってから少し話した。そのうちスピリチュアルサーカスとかで一緒に出来たらいいと思う。

そしてその日アルファーはが出るQUONというアンプとスピーカーのシステムを開発している人にも出会った。
[PR]
by shake_countrylife | 2003-06-17 15:41 | 2003.4~6
深空の初めてのツアーをやった。
チボリでは60過ぎくらいの人が一番前ですごくうれしそうな顔でノっているのが印象的だった。
初めてで不思議な体験だった。
果たしてどんなふうに聞こえてるんだろう?

米子は中国山脈縦断のドライヴが楽しかった。とても良い天気でのんびり走って気持ちよかった。
オープニングにレッドのトリビュートバンドが出ていて、自分が演奏する前に『レディーブルー』や『ワイルドチェリー』が聞こえてきて妙な気持ちになった。

大阪では33年ぶりでずっと見たかった万博公園の太陽の塔を関西の友達と見に行った。やっぱり実物はとてつもなく、岡本太郎のいたずらなパワーを感じた。万博の他の建造物は何もなく岡本太郎本人も死んでしまっているのに、太陽の塔は誰もいない公園でバクハツしていた。
実はこの日は公園が休みでしまっていたんだけど、せっかく行ったので横から忍び込んでしまった。おかげで貸しきりでのんびりできた。これから太陽の塔を見に行く人は水曜日は避けるように。
ライヴ会場に入ってリハをやってから、ライヴの前に今度は星野道夫の写真展を見に行った。星野道夫の写真集は持っているけど、写真展で見るとまた違った印象で、
悲しさ楽しさ美しさが入り交じって強烈だった。その後かなりトリップ状態になってしまった。
ライヴは地元の個性的なバンドと一緒で刺激になった。

名古屋ELLは最後だし余裕も出てきたみたいで今回一番いい演奏ができた。深いところで演奏できた。
本番一分前になって、急きょ一緒にやった地元の戯賊というバンドのパーカッションの子と何か一緒にやろうということになってDESERT SONGをやった。彼は曲を知らなかったけど楽しくできた。

三国さんもスタッフをしてくれた原君もみんなハッピーな人たちなので楽しくツアーができた。良かった。
次はサイコのマンスリーだ。

Shake
[PR]
by shake_countrylife | 2003-06-07 15:39 | 2003.4~6